2012年09月08日

FX彪ストロングトレード、ただいま実践中

FX彪ストロングトレードなんですが,現在ユーロ円でポジション保有中です。
その状況を画像でお伝えしますね。

strongeurjp.png


ユーロ円は6日の大きな上げで買いのサインが出かかっていました。

ただ大きな陽線がでた後は陰線が2続き,
サインもでそうででない状況だったんですが,
2本陰線後の十字線,
そして赤枠で囲んだ足が陽線となり,
MAとパラボリックを見ると買いのサインになっていたので
赤枠で囲んだ足の確定直前で買いエントリーをしました。


その後,経済指標で押されはしましたが,
順調に利益を伸ばし現在このような状況です。

strongeurjptotyu.png


99円70銭で入っているので,
現在+50Pipsくらいですね。

ユーロ円は今後も伸びそうな感じなので,
どこまで利をのばせるか来週もしっかり様子を見たいと思います。


ただ,やはり決済タイミングをのばしたくないのと,
4時間という長時間の足を使うので,
自動化できればよりエントリーチャンスを増やし,
利益の取りこぼしを防げるのではないかと思いました。

前の記事にも書きましたが,
今月中になんとかFX彪ストロングトレードの自動売買を
完成させる予定です。


こちらは特典としては人数限定になるので
ご興味がある方はチェックしてみてくださいね。


>FX彪ストロングトレードの自動売買などの詳細はこちら
posted by FX彪ストロングトレード at 18:09| FX彪ストロングトレードのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

FX彪ストロングトレードでも意識しておきたいオシレーター系テクニカルの罠

FX彪ストロングトレードでも使用する
オシレータ系テクニカルの欠点は、
相場にトレンドが発生すると指標が
天井か底に張り付いてしまう,
という点です。こうなると全く効果が
なくなってしまうのです。
張り付いた状態だからトレンド
発生中である事はわかりますが、
このまま継続していくのか、或いは
反転していくのかを判定する事は
できません。

従ってトレンドフォロー系の
テクニカルやブレイクアウト系の
テクニカルの判定が必要になって
くるのです。株価など単独での
「絶対的価値基準」
(=会社の業績、資産内容など)が
存在するものであれば、
オシレータ系テクニカルや「出来高」
といった指標がかなり有効に使えます。

これに対して「FX相場」では
あくまで2つの通貨の相対的価値基準
で動きますので、比較的トレンドが
発生しやすいとも言えます。

従って安易に「オシレータ」に頼って
トレードすると痛い目に合います。
「スキャルピング手法」などでは
特に「ストキャスティクス」や
FX彪ストロングトレードで使う「ボリンジャーバンド」主体に
「逆張り」手法を提案する向きも
ありますが、初心者にはお薦め
できません。FX相場においては
24時間休みなくレートは動いて
おります。この手の手法では
「スキャルピング手法で何度でも
トレードできる」といった
「いけいけ」なトレード戦略を語る
わけですが、落とし穴があるのです。

FXマーケットは時間帯によって
極端に動きが変わります。また
昨今では(2012年)円高、ユーロ安
といったマーケットの特異点を
迎えている状況ですので、いわゆる
天底でのトレードはヘッジファンドの
仕掛けもあいまって極端な動きを
する可能性がありますので益々
お薦めできない、と言えるのです。
posted by FX彪ストロングトレード at 13:00| FX彪ストロングトレードのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

FX彪ストロングトレードはどうなの?

FX彪ストロングトレードという教材がもうすぐ発売されるとのことです。
この教材はFX彪(アヤ)さんというかたの裁量トレード教材という情報しか
まだ得られていないのですが,モニターも既にかなりかっているとのことです。

ただ,このFX彪ストロングトレードだけに限ったことではないですよね。
モニターの成績がいいということなんて。
なので、やはり実際に手に取ってみないと何ともいえないので,
具体的なレビューは購入後にお伝えしていこうと思います。

それまではこのFX彪ストロングトレードで稼ぐためにも必ず必要となってくる,
裁量トレードで稼ぐために必要なことをここではお伝えしていこうと思います。
posted by FX彪ストロングトレード at 16:41| FX彪ストロングトレードのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


レンタルサーバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。